【角居勝彦 引退馬活動レポート Vol.2】シンザン記念勝ち馬ドリームシグナルら 角居元調教師と共に過ごす馬たち|netkeiba.com

【角居勝彦 引退馬活動レポート Vol.2】シンザン記念勝ち馬ドリームシグナルら 角居元調教師と共に過ごす馬たち|netkeiba.com

【角居勝彦 引退馬活動レポート Vol.2】シンザン記念勝ち馬ドリームシグナルら 角居元調教師と共に過ごす馬たち|netkeiba.com

2023年、引退馬に関する新しいプロジェクトを始動させたいと考えている角居勝彦元調教師。2008年のシンザン記念を勝利したドリームシグナルなど、ポニーを含む5頭の引退馬を世話する角居さん。今回は「みんなのウマ」を支える3頭の馬を紹介します。

今後も続報をお届けします。登録お願いします

角居勝彦
みんなのウマCOO。元・日本中央競馬会 (JRA) 調教師。
松田国英厩舎で調教助手を務めたのち、2001年に厩舎を開業。デルタブルース、カネヒキリ、ウオッカ、ヴィクトワールピサなどのGI馬を管理し、2005年には日本人調教師で史上初となる日・米・香港の同一年3カ国G1制覇を果たした。2021年2月に調教師業を勇退し、現在は引退馬支援に関するプロジェクトに関わっている。

「みんなのウマ」とは?
「引退馬の新しい価値創造を図ります。」をキャッチフレーズに、能登半島の先端 石川県珠洲市にて、タイニーズファーム・鉢ケ先・八ケ山の3拠点を中心に馬がより自然に近い形で、養老・リトレーニング・市民、観光客とのふれあいができる場所づくりのプロジェクト。競走だけではない、馬のマルチステージをみんなで共創していきます。

公式サイト
instagam

▼netkeibaを見るならアプリがおすすめ!

▼競馬番組 毎日更新!!【netkeibaTV】

#角居勝彦
#みんなのウマ
#netkeiba
#引退馬
#引退馬支援
#horse
#競馬
#競走馬

ネット競馬カテゴリの最新記事