2023年 さきたま杯JpnII|第27回|NAR公式

2023年 さきたま杯JpnII|第27回|NAR公式

2023年 さきたま杯JpnII|第27回|NAR公式

[競走概要]
第27回さきたま杯JpnII
2023年5月31日(水)
浦和競馬 第11競走 1400m(左)
天候:晴 馬場:重

[馬番/出走馬/騎手(所属)]
1番/シャマル     /川田将(JRA)
2番/ギシギシ     /的場文(大井)
3番/イグナイター   /笹川翼(大井)
4番/スマイルウィ   /矢野貴(大井)
5番/コンシリエーレ  /ルメー(JRA)
6番/エアアルマス   /森泰斗(船橋)
7番/アポロビビ    /御神訓(大井)
8番/テイエムサウスダン/岩田康(JRA)
9番/バスラットレオン /坂井瑠(JRA)
10番/ビヨンドボーダーズ/山林信(川崎)

[競走成績]
%2F05%2F31&k_raceNo=11&k_babaCode=18

[レース紹介]
古馬1400m戦では、最高にして唯一のJpnII格付け(JBCは除く)で、2024年からはJpnIに格上げとなる。地方馬の好走が多く、過去5年でも3着以内に地方馬が半数近い7頭。昨年はサルサディオーネ(大井)が勝ち、地元浦和のティーズダンクが2着で南関東のワンツーだった。また、2009・10年にはスマートファルコン(JRA)が、14・15年にはノーザンリバー(JRA)が連覇し、18・19年にはサクセスエナジー(JRA)、キタサンミカヅキ(船橋)がともに3着以内に入るなど、リピーターの活躍が目立つ重賞でもある。(斎藤 修)

[歴史]
1997年にダートグレード競走のGIIIとして創設。当初は9月に行われていたが、2005年からは現在と同じ5月下旬もしくは6月初旬に実施されている。11年にJpnIIIからJpnIIに格上げとなった。地方馬の勝利は4頭だが、いずれも地元南関東勢で、馬券圏内には地方馬の活躍も目立っている。(斎藤 修)

▼ダートグレード競走の詳細はこちら

Twitter
Instagram
Facebook

#さきたま杯 #ダートグレード競走 #地方競馬

ネット競馬カテゴリの最新記事